2016年1月17日(日) 樋口あゆ子ピアノリサイタル

樋口あゆ子日本楽壇デビュー
20周年記念ピアノリサイタル東京公演

103年の時を経て甦るピアノの黄金時代
「名器ヴィンテージスタインウェイCD368」で夢の音色を奏でる!

2016年1月17日(日)
13時半開場 14時開演
全席自由 3000円
浜離宮朝日ホール(中央区築地5-3-2)
都営地下鉄大江戸線「築地市場駅」A2出口


【プログラム】

第1部
《ショパン》
ピアノ協奏曲 第1番 第2楽章 ソロ編(樋口あゆこ編曲)
スケルツォ 第3番
バラード 第1番
英雄ポロネーズ
《リスト》
愛の夢 第3番
ラ・カンパネラ

第2部
《ラフマニノフ》
ピアノ協奏曲 第2番 第2楽章ソロ編(安良岡章夫編曲)
ピアノソナタ 第2番(1931年改訂版)

●お問い合わせはタカギクラヴィアまで tel.03-3770-9611



【プロフィール】

中村紘子氏に師事、第39回毎日新聞社全日本学生音楽コンクール中学全国1位。第17回全日本指導者協会ピティナ・ピアノコンペティション特級ソログランプリ・文部科学大臣賞。桐朋学園大学音楽学部演奏学科ピアノ専攻研究科在学中、第10回ポルトガル・ポルト市国際音楽コンクール第1位。明治安田生命文化財団奨学生として留学し、飛び級にてパリ・エコールノルマル音楽院演奏家課程審査員満場一致卒。93年ポルトガル・ポルト市リボリホールにてカーメン・ゴレミノフ指揮ポルト市交響楽団とショパンピアノ協奏曲第1番を、94年オミリ・ハダミ指揮同交響楽団とベートーヴェン“皇帝”を共演。
その後ポルトガル、スペイン、ポーランド、フランス各国でリサイタル、オーケストラとの共演でヨーロッパ楽壇デビュー。
95年第31回ソニーミュージックファンデーション主催“今日の演奏”デビューリサイタルシリーズで、東京文化会館、大阪いずみホールにてリサイタルを開催し日本楽壇デビュー。2006年、New Yorkカーネギーホール・リサイタルにてアメリカデビュー。アジアでは、2004年からベトナムの子供たちとの触れ合いコンサートを行っており、それが日越政府に認められ、2008年に皇太子徳仁親王臨席の元開催・日越国交35周年記念国家プロジェクト「VIETNAM FESTIVAL 2008」より、毎年同公演で日本を代表するクラシックピアニストとしてピアノリサイタル開催。
2010年日本楽壇デビュー15周年を迎え、OECD日本政府代表部主催、フランス・パリ・リサイタルツアーを行い、大成功を収めた。
CDは日本コロムビアDENONよりショパンとリストピアノ名曲集「ソウル・オブ・ザ・ピアノ」「ラフマニノフ、ガーシュイン、ベトナム民謡」をリリース。
2013年11月日本ベトナム外交樹立40周年記念・第1回日本ベトナムピアノフェスティバル総音楽監督・実行委員長就任。2015年9月ベトナム社会主義共和国最高職・書記長グエン・フーチョン来日祝賀会にて午前演奏を行う。同年11月ベトナム建国70周年記念・
第2回日本ベトナムピアノフェスティバル総音楽監督。実行委員長。
現在、毎週土曜日18:45~19:00FM横浜「ピアノワイナリー 響きのクラシック」パーソナリティ。日本を代表するクラシックピアニストの1人として、年間50回の音楽活動を行っている。



 

2016年1月23日(土) 奥田 弦 JAZZ LIVE

《松濤サロン10周年記念コンサートシリーズ》

 

第6回出演:奥田 弦

2015年8月から開始した松濤サロン10周年記念コンサートシリーズ。
新年1月23日に登場するのは、小学生の頃からメディアでも数多く取り上げられてきた天才少年 奥田 弦。14歳になった今も、そのセンスと圧倒的なテクニックには益々磨きがかかり、これからのジャズ界をけん引していく存在として頼もしい限りです。すでに自身3枚目となるアルバムは、2015年の夏休み(当時13歳)に松濤サロンで録音されました。学校・クラシック・ジャズをテーマとしたアルバム『奥田弦とゆかいな学校ジャズ・ピアノ』をキングレコードよりリリース。
使用ピアノは、我々がF1マシンと呼んでいるニューヨーク・スタインウェイ。煌めく音の粒立ちとパワーで、彼のアドリブも冴えわたります。ライブはもちろん、CDと同じピアノで!これこそが松濤サロンならではの贅沢。目の前で若き天才の超絶技巧を満喫してください。


●日時:2016年1月23日(土)
    開場/13:30 開演/14:00

●会場:タカギクラヴィア 松濤サロン(渋谷区松濤1-26-4)
  JR・東横線・地下鉄「渋谷駅」より徒歩10分/京王井の頭線「神泉駅」より徒歩3分

●料金:一般 / 4,000円 学生 / 3,500円(全自由席 1ドリンク付)
    4回券…一般 / 14,000円 学生 / 12,000円 ⇒お好きな4公演を選べます。
 「T&Kクラシックス メンバーズカード」ポイント対象公演です 




【プロフィール】
2001年、埼玉県生まれ。3歳の時におもちゃのピアノで遊び始め、5歳頃からピアノで熱心に練習するようになった。 映画「アマデウス」でモーツァルトが5歳で作曲を始めたことを知ると自身で作曲を始める。ビル・エバンスを聴いたのをきっかけにジャズに傾倒、オスカー・ピーターソンに憧れるようになる。 演奏力が話題となり各地でコンサートのゲストに呼ばれるようになり、7歳でソロコンサートを開催。その後テレビや新聞に登場し始め、2011年10歳で史上最年少CDデビュー。ジャズジャパンアワード2011のニュースター部門を獲得。小学5年で東京ジャズなどの大型ジャズフェスにも出演。
2014年12歳で史上最年少作曲家としてジャスラックメンバーに。同年ポニーキャニオンより2枚目のアルバム『ボナペティ!』リリース。
番組テーマ曲や烈車戦隊トッキュウジャーなどの挿入歌、キャラクターソング等も提供、更に【ボストン美術館 浮世絵名品展 北斎】 のテーマ曲『北斎』はコンペで選ばれるなど作曲家・編曲家としても高評を得ている。
2015年『題名のない音楽会』 話題の作曲家大集合!ピアノ大喜利 優勝  【出演:村松崇継、小杉紗代、奥田弦】
11月キングレコードよりアルバム『奥田弦とゆかいな学校ジャズ・ピアノ』をリリース。
楽譜の読み方は父親に教わり、ピアノの指導を受けたのは約3か月程で、ほぼ独習で演奏法を身につけた。

主な提供曲
・「北斎」(「ボストン美術館 浮世絵名品展 北斎」テーマ曲)※コンペにて選出される。
・「アジアの空」(「アジアン・タイムズ」(BSジャパン)エンディングテーマ)
・「星地図」(「久米宏・未来への伝言 ~ニッポン100年物語~」(BS民放5局共同特別番組)エンディングテーマ)
・「ノアノアノアール」(「烈車戦隊トッキュウジャー」(テレビ朝日系) キャラクターソング)
主なメディア出演
テレビ:「天才てれびくん」(NHK)、「中居正広の金曜日のスマたちへ」(TBS)、「スッキリ!!」(日本テレビ)、「世界1のSHOWタイム~ギャラを決めるのはアナタ~」(日本テレビ)「歌いーな!」(テレビ東京)、「SUNDAY COUNTDOWN SHOW シューイチ」(日本テレビ)、 「モーニングバード」(テレビ朝日)
「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「FNNスピーク」(フジテレビ)他多数
ラジオ:「安住紳一郎の日曜天国」(TBSラジオ)、「大竹まこと ゴールデンラジオ」(文化放送)、「くにまるジャパン」(文化放送) 他多数



 

2016年1月30日(土) 松田理奈ヴァイオリンリサイタル (ピアノ:江口玲)

《松濤サロン10周年記念コンサートシリーズ》

 

第7回出演:松田理奈(ヴァイオリン) 江口玲(ピアノ)

2005年8月にオープンした松濤サロン。
数々の名演奏、録音に彩られて10周年を迎えました。
これを記念して様々なジャンルのアーティストをお招きし、10周年記念コンサートシリーズを開始。
新年第一弾となる第6回目は、女性若手ヴァイオリニスト松田理奈と江口玲、待望のデュオ!
益々活躍の場を広げ、若手トップの実力と人気を誇る松田理奈が、江口玲とお送りするのは「ヴァイオリニストが作曲したヴァイオリン曲」。
ヴァイオリニストならではのヴィルトォーゾ性、そしてメロディの美しさが際立つ楽曲をご堪能ください。



●日時:2016年1月30日(土)
    開場/16:30 開演/17:00

●会場:タカギクラヴィア 松濤サロン(渋谷区松濤1-26-4)
  JR・東横線・地下鉄「渋谷駅」より徒歩10分/京王井の頭線「神泉駅」より徒歩3分

●料金:一般 / 4,000円 学生 / 3,500円(全自由席 1ドリンク付)
    4回券…一般 / 14,000円 学生 / 12,000円 ⇒お好きな4公演を選べます。
 「T&Kクラシックス メンバーズカード」ポイント対象公演です 


【プログラム】
サラサーテ:カルメン幻想曲 Op.25
クライスラー:プニャーニの様式による前奏曲とアレグロ
ヴィターリ:シャコンヌ   他

【プロフィール】
1神奈川県横浜市出身。3歳よりスズキ・メソードにてヴァイオリンを始める。1989年、桐朋子供のための音楽教室入室。
東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校卒業後、桐朋学園大学ソリスト・ディプロマコースにて研鑽を積み、2006年ドイツ・ニュルンベルク音楽大学に編入。2007年、同大学を首席にて卒業。2010年、同大学院を首席にて卒業。
日本とドイツでコンサート活動する傍ら、ニュルンベルク音楽大学にて教授アシスタントを勤めた。
1997年、第7回日本クラシック音楽コンクール全国大会小学生の部第1位。 1998年、第52回全日本学生音楽コンクール大阪大会中学校の部第1位。1999年、初ソロリサイタル開催。2001年、第10回日本モーツァルト音楽コンクールヴァイオリン部門第1位(同コンクール史最年少優勝) 2002年、トッパンホールデビューコンサートシリーズにて「16才のイザイ弾き」というテーマでソロリサイタル開催。2004年、第73回日本音楽コンクール第1位。併せてレウカディア賞、鷲見賞、黒柳賞受賞。
2007年、サラサーテ国際コンクールにてディプロマ入賞。
これまでにNHK交響楽団室内オーケストラ、読売日本交響楽団、東京交響楽団、東京都交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、 札幌交響楽団、群馬交響楽団、京都市交響楽団、兵庫芸術文化センター管弦楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、広島交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、日本センチュリー交響楽団(旧大阪センチュリー交響楽団)、関西フィルハーモニー管弦楽団、大阪交響楽団、九州交響楽団、山形交響楽団、愛知セントラル交響楽団、桐朋アカデミーオーケストラ、ニュルンベルク音大オーケストラ、ヤナーチェクフィルハーモニー室内管弦楽団、ベトナム交響楽団など国内外数々のオーケストラ、指揮者と共演。
2003年秋吉台音楽アカデミー賞 。2011年第12回ホテルオークラ音楽賞。2013年第23回新日鉄住金音楽賞受賞。
2004~2008年、ロームミュージックファンデーション奨学生。
これまでに、小林庸男、田中みちる、田中裕、村上直子、小栗まち絵、堀正文、元ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団コンサートマスターのダニエル・ゲーデの各氏に師事する。
2006年11月にビクターエンタテインメント㈱よりデビューアルバム『Dolce Lina~モーツァルト2つのヴァイオリン・ソナタ他』をリリース。2008年9月、ピアノ界の巨匠パーヴェル・ギリロフとベルリンにて録音したセカンドアルバム『CARMEN』をリリース。2008年、ドイツ・バイエルン放送にてクライスラーのバイオリン協奏曲を収録、放送された。2010年7月、紀尾井ホールにてピアニスト清水和音氏とのリサイタルをライブ収録した『Ravel/Live』をリリース。11月にはイザイの無伴奏バイオリンソナタを全曲収録した『YSAŸE』をリリースし「レコード芸術」誌上にて特選盤に選ばれた。
使用楽器は個人の御厚意により貸与されているJ.B.Guadagnini "ex.Joachim"


 

2016年2月20日(土) 雁部一浩ピアノリサイタル

《松濤サロン10周年記念コンサートシリーズ》

 

第8回出演:雁部 一浩

2005年8月にオープンした松濤サロン10周年を記念して、2015年8月より様々なジャンルのアーティストをお招きしてコンサートを開催しています。
第8回目は、作曲家/ピアニストの雁部一浩。
1887年製スタインウェイ《ローズウッド》で、シューマン、ブラームス、リスト、ショパンなどの名曲を。


●日時:2016年2月20日(土)
    開場/16:30 開演/17:00

●会場:タカギクラヴィア 松濤サロン(渋谷区松濤1-26-4)
  JR・東横線・地下鉄「渋谷駅」より徒歩10分/京王井の頭線「神泉駅」より徒歩3分

●料金:一般 / 4,000円 学生 / 3,500円(全自由席 1ドリンク付)
    4回券…一般 / 14,000円 学生 / 12,000円 ⇒お好きな4公演を選べます。
 「T&Kクラシックス メンバーズカード」ポイント対象公演です 

●チケットは完売いたしました。
 お問い合わせはタカギクラヴィアまで tel.03-3770-9611


【プログラム】
シューマン:アラベスク Op.18
ブラームス:間奏曲より
ショパン:マズルカ、舟歌
雁部一浩:2つのロマンス
リスト:コンソレーションより
ラフマニノフ:プレリュード、エレジー、
        歌曲集より(雁部一浩/編曲) 他


【プロフィール】
作曲家としては後期ロマン派の流れを汲む作風で、代表作に近代詩による歌曲集の他、「ピアノの為の幻想曲」「フルートとピアノの為のロマンスとソナチネ」「ピアノ三重奏の為のロマンス」(いずれも音楽之友社刊)。ピアニストとしても活動し、各地でのリサイタルの他、室内楽、歌曲を含む数々の演奏会を行う。CDは「クライスレリアーナ」「ヴィンテージ・ピアノアルバム」「平野忠彦が唱う雁部一浩歌曲の世界」(平野忠彦追悼盤として再発売)「毛利伯郎・雁部一浩ライヴアルバム」など多数、その作品と演奏は、往年の巨匠オレグ・ボシュニアコーヴィチ氏、マックス・エッガー氏からも高い評価を得た。昨年オープンした代官山教会のオープニング演奏会シリーズの企画を担当。講演や執筆も多く、著書に「ピアノの知識と演奏」(音楽之友社刊)




 

3月26日(土)遠藤眞澄&東 優子 ピアノデュオ リサイタル

《松濤サロン10周年記念コンサートシリーズ》

 

第9回出演:遠藤眞澄 東 優子(ピアノデュオ)

2005年8月にオープンした松濤サロン10周年を記念して、2015年8月より様々なジャンしゅルのアーティストをお招きしてコンサートを開催しています。
第9回目は、遠藤眞澄&東 優子によるピアノデュオ。
繊細な掛け合いと迫力ある2台ピアノの演奏をお楽しみください。


●日時:2016年3月26日(土)
   開場/16:30 開演/17:00

●会場:タカギクラヴィア 松濤サロン(渋谷区松濤1-26-4)
  JR・東横線・地下鉄「渋谷駅」より徒歩10分/京王井の頭線「神泉駅」より徒歩3分

●料金:一般 / 4,000円 学生 / 3,500円(全自由席 1ドリンク付)
    4回券…一般 / 14,000円 学生 / 12,000円 ⇒お好きな4公演を選べます。
 「T&Kクラシックス メンバーズカード」ポイント対象公演です 

●チケットは 【SHOPPING】 から、ご購入いただけます。
 お問い合わせはタカギクラヴィアまで tel.03-3770-9611

注)こちらのチケットは、すべて「銀行振込扱い」となります。
  三菱東京UFJ銀行渋谷支店(普)0945395 
  T&Kクラシックス タカギクラヴィア(株)
  「当日精算でのお取り扱いはございません」ので、ご注意ください。


【プログラム】

J.S.バッハ : 2台のチェンバロのための協奏曲 BWV. 1061
モーツァルト : 2台のピアノのためのソナタ K.448
プーランク : 2台のピアノのためのソナタ(1953)
ラヴェル : ラ・ヴァルス


【プロフィール】

●遠藤眞澄
桐朋女子高等学校音楽科を経てフランス国立パリ音楽院入学。
同校ピアノ科及び室内楽科を一等賞で卒業。引き続き同校ソリストコ-ス(第3課程)修了。ヴィオッティ国際ピアノコンクール、マリア・カナルス国際ピアノコンクール等で入賞。東京サントリーホールでのデビュー以来、国内外でソロ、コンチェルト、室内楽奏者として活躍、多くのフェスティヴァルにも招かれている。また東京では定期的に「フランス音楽の夕べ」「遠藤眞澄のフランス音楽講座」を行っている。
ピアノを有賀和子、ガブリエル・タッキーノ、ジャック・ルヴィエ、故ジェルメ-ヌ・ムニエ、室内楽をモーリス・クリュット、ブルーノ・パスキエ、故ジャン・ユボーの諸氏に師事。
NYS Classicsより、《RAVEL》 《魅惑のパリ》、クラヴサン曲集《ミューズたちの語らい》 《ミューズたちの語らいⅡ》の4枚をリリース。
2011年10月、ヤマハミュージックメディアより、自身の校訂、解説による《フランス古典音楽作品集》出版。
桐朋女子高等学校音楽科を経てフランス国立パリ音楽院一等賞卒業、演奏家コース終了。
ヴィオッティ国際ピアノコンクールなど入賞後、フランスを始めヨーロッパ各地アジア諸国、日本で演奏活動を行う。
ソロ、室内楽などのコンサートの他、役者とのコラボレーションコンサート、子供向け音楽会など様々なジャンルでの活動を続けている。
CD 「魅惑のパリ」「ミューズたちの語らい」などの他、執筆活動や、楽譜校正も手がけ、現在は後進の指導にもあたっている。


●東 優子
4才よりピアノを始める。
東京音楽大学ピアノ演奏家コース卒業、同大学研究生過程修了。
93年 同大学より奨学金を得て、アメリカ・インディアナ大学に短期留学。アルフォンソ・モンテシーノ、ミシェル・ブロックの両氏に師事。
94年 東京文化会館新進音楽家デビューコンサートのオーディションに合格し、出演。
96年 フランス・クールシュヴェールの夏期講習に参加し、パスカル・ドヴォワイヨン、ジャン=マルク・ルイサダ、中沖 玲子の各氏に師事。修了ディプロマを得る。
また、日本演奏連盟主催 演連コンサートのオーディションに合格し、東京文化会館小ホールにてソロリサイタルを開催。
97年 新宿文化センター大ホールにてポーランド国立クラクフ室内管弦楽団と共演。好評を博す。
97年~2000年 ヤマハ株式会社本社のアジア・パシフィック営業より東南アジア・中近東9ヵ国にてリサイタルとデモンストレーション活動を行う。特に2000年のイラン・シリア・アラブ首長国連邦のリサイタルツアーは好評を博す。
現在、昭和音楽大学、同短期大学ならびに同大学附属音楽教室講師。
これまでに、江口 文子・故小林 睦子・小高 明子・故田村 宏の各氏に師事。

 

2016年4月23日(土) 平井真美子 Piano Diary Salon

《松濤サロン10周年記念コンサートシリーズ》

 

第10回出演:平井真美子

2005年8月にオープンした松濤サロン10周年を記念して、2015年8月より様々なジャンルのアーティストをお招きしてコンサートを開催しています。
第10回目は、ピアニスト/作曲家の平井真美子。
美しく親しみやすいメロディーと明晰な演奏表現力は、各界クリエイターからの信頼も厚く、2015年だけでも、ドラマ「偽装の夫婦(NTV)」「ボクの妻と結婚してください。(NHK-BSプレミアム)」、映画「先生と迷い猫」「ボクは坊さん。」などの音楽を手掛け、多数のCM曲は、日々テレビから流れています。


●日時:2016年4月23日(土)
    開場/16:30 開演/17:00

●会場:タカギクラヴィア 松濤サロン(渋谷区松濤1-26-4)
  JR・東横線・地下鉄「渋谷駅」より徒歩10分/京王井の頭線「神泉駅」より徒歩3分

●料金:一般 / 4,000円 学生 / 3,500円(全自由席 1ドリンク付)
    4回券…一般 / 14,000円 学生 / 12,000円 ⇒お好きな4公演を選べます。
 「T&Kクラシックス メンバーズカード」ポイント対象公演です 

●チケットは完売いたしました。
 お問い合わせはタカギクラヴィアまで tel.03-3770-9611


【プログラム】
平井真美子のライフワーク “Piano Diary” の楽曲を中心に、TV、映画作品の為に書き下ろした楽曲や、アルバム「夢の途中」から「回転木馬」「shining girl」、他未発表曲など。

【プロフィール】
誰にでも去来したことがある想いをトレースするかのような美しく親しみやすく前向きなメロディー。静的でも動的でもある生きたメロディー。そこに命を吹き込む明晰な心情理解力と演奏表現力が他分野のクリエイターの厚い信頼を得、映画・CM・TV番組を中心に多くの音楽制作を手掛ける。
また、オルガニート作家としてオリジナルオルガニートの制作に取り組み、様々なコラボレーションを行う。キッズパーカッションを使った子供達参加型のオリジナル音楽紙芝居“音めくり”も続ける。
日々折々の想いをメロディーにトランスレートして書き綴り続ける”Piano Diary”をライフワークとし、07年にファースト・ピアノソロアルバム『Piano Diary』、13年にセカンド・ピアノソロアルバム『夢の途中』を発表。
2012年、新進気鋭のアーティストに贈られる、アメリカのS&R Washington Awardを受賞。

 

公式ホームページ  www.hirai-mamiko.com 


 

5月5日(木/祝)ジェラール・プーレ ヴァイオリンリサイタル

《松濤サロン10周年記念コンサートシリーズ》

 

第12回出演:ジェラール・プーレ

2005年8月にオープンした松濤サロン10周年を記念して、2015年8月より様々なジャンルのアーティストをお招きしてコンサートを開催しています。
第11回目は、フランスの至宝ジェラール・プーレ氏。
父ガストン・プーレが、ドビュッシーと共にヴァイオリン・ソナタを初演したのが、1917年5月5日でした。100周年には1年早いのですが、プーレ自身が「私の体の一部」と語るドビュッシー:ヴァイオリン・ソナタを99年目の記念日に演奏します。
また同日リリースとなる、新アルバム「La poésie de Grieg et les Bohémiens~グリーグ・スーク・スメタナをうたう」より、グリーグのソナタなども披露します。


●日時:2016年5月5日(木/祝)
   開場/16:30 開演/17:00

●会場:タカギクラヴィア 松濤サロン(渋谷区松濤1-26-4)
  JR・東横線・地下鉄「渋谷駅」より徒歩10分/京王井の頭線「神泉駅」より徒歩3分

●料金:一般 / 4,000円 学生 / 3,500円(全自由席 1ドリンク付)
    4回券…一般 / 14,000円 学生 / 12,000円 ⇒お好きな4公演を選べます。
 「T&Kクラシックス メンバーズカード」ポイント対象公演です 

●チケットは<完売いたしました。


【プログラム】
ドビュッシー:ヴァイオリン・ソナタ
グリーグ:ヴァイオリン・ソナタ第3番
スーク:『4つの小品』  他


【プロフィール】
●ジェラール・プーレ Gérard POULET
ジェラール・プーレは、指揮者とヴァイオリニストであったガストン・プーレの息子で、天才少年期を送る(父ガストンはドビュッシーのヴァイオリン・ソナタを作曲家自身のピアノで1917年に初演した事で知られる)。11歳でパリ国立音楽院に入学し、2年後に審査員全員一致の首席で卒業。
18歳の時に、イタリアのジェノヴァでのパガニーニ・コンクールで優勝。
巨匠ヘンリック・シェリングに師事。キャリアを世界中に広め、ヨーロッパ、アジア、アメリカ、アフリカの各地で有名オーケストラと共演。名高い音楽フェスティバルや定期公演に出演している。
偉大な教育者でもあり、長年教授を務めたパリ国立高等音楽院を2003年に退官後、パリCNR市立音楽院のソリストコースとエコール・ノルマル音楽院で教鞭を執り、2005年4月から2009年3月まで東京藝術大学の客員・招聘教授を務めた。2010年4月から現在は昭和音楽大学の教授を務める。77歳を超えた現在も現役。
コンクールの優勝・上位入賞者を多数輩出し、日本のヴァイオリン界のレヴェルを確実に上げている。
数多くのマスタークラス、主要な国際コンクールの審査員(長)に招聘されている。日本では、京都フランス音楽アカデミー、いしかわミュージック・アカデミー、軽井沢国際音楽祭、河口湖ヴァイオリンセミナー他、アップビートとかち音楽祭、多数の音楽大学(桐朋、国立、沖縄県芸、愛知県芸、フェリス、作陽、洗足)に招かれている。
1995年にフランス芸術文化章 及び1999年に文化功労賞を受賞。
日本弦楽指導者協会、及び日本フォーレ協会の名誉会員。日本在住。www.gerard-poulet.com


●川島 余里 (かわしま より)
東京藝術大学附属高校を経て同大学作曲科卒業、同大学院修了。H.ピュイグ=ロジェに師事した影響で1989年渡仏。パリ国立地方音楽院にてピアノ科とピアノ伴奏科のプルミエ・プリを取得。O.ギャルドン、G.ジョワ(デュティーユ夫人)に師事。トップクラスのソリストから伴奏を依頼されており、とりわけヴァイオリンの巨匠ジェラール・プーレに最も信頼されるピアニストとなる。パリのロン・ティボー・ヴァイオリン・コンクールの公式伴奏者。パリ国立高等音楽院を始め、複数の音楽院で伴奏者の勤務を経て、2005年帰国。伴奏ピアニストとして第一線で活躍。東京藝術大学弦楽科及び附属高校で伴奏助手を務めた後、現在は東京藝術大学と昭和音楽大学でソルフェージュと室内楽の講師。2005年吹田音楽コンクール作曲部門にて、ヴァイオリン・ソロの曲で第1位を受賞。



 

6月11日(土)国府弘子 JAZZ PIANO SOLO

《松濤サロン10周年記念コンサートシリーズ》

第12回目は、ピアノ界のスーパーレディ国府弘子。
ジャンルを超越したオンリーワンのピアノソロをお楽しみください。

第12回 国府弘子 JAZZ PIANO SOLO
●日時:2016年6月11日(土)
   開場/16:30 開演/17:00

●会場:タカギクラヴィア 松濤サロン(渋谷区松濤1-26-4)
  JR・東横線・地下鉄「渋谷駅」より徒歩10分/京王井の頭線「神泉駅」より徒歩3分

●料金:一般 / 4,000円 学生 / 3,500円(全自由席 1ドリンク付)
    4回券…一般 / 14,000円 学生 / 12,000円 ⇒お好きな4公演を選べます。
 「T&Kクラシックス メンバーズカード」ポイント対象公演です 

●チケットは 【SHOPPING】 から、ご購入いただけます。
 お問い合わせはタカギクラヴィアまで tel.03-3770-9611

注)こちらのチケットは、すべて「銀行振込扱い」となります。
  三菱東京UFJ銀行渋谷支店(普)0945395 
  T&Kクラシックス タカギクラヴィア(株)
  「当日精算でのお取り扱いはございません」ので、ご注意ください。


【プロフィール】
●国府弘子(ピアノ)
数々の演奏経験を経てその音色にますます深い情感をたたえ、ジャンルを超越した共演者から熱いラブコールの絶えない、オンリーワンのピアニスト国府弘子。
国立音楽大学ピアノ科在学中にジャズに目覚め卒業後単身渡米、帰国後1987年デビュー、現在まで22枚のアルバムを発表。
自己のトリオやソロピアノでの演奏、またオーケストラとの競演まで幅広い活動を展開、全国的な人気を集めるピアノ界のスーパーレディ。
現在、川崎市文化大使、埼玉入間市文化創造施設のアドバイザー、平成音楽大学、尚美音楽学園客員教授。
最新作は、2015年1月にピアノソロアルバム「ピアノ一丁!」。ハイレゾでも高音質配信中。

 

国府弘子オフィシャルホームページ http://kokubuhiroko.net

 

7月2日(土) 竹村浄子 ピアノリサイタル

《松濤サロン10周年記念コンサートシリーズ》

 

第13回出演:竹内浄子(ピアノ) ゲスト:平澤 仁(ヴァイオリン)

2005年8月にオープンした松濤サロン10周年を記念して、2015年8月より様々なジャンルのアーティストをお招きしてコンサートを開催しています。
第13回目は、ピアニスト 竹村浄子さん。
ゲストにヴァイオリニスト 平澤 仁さんも参加し、名曲の数々を。


●日時:2016年7月2日(土)
   開場/16:30 開演/17:00

●会場:タカギクラヴィア 松濤サロン(渋谷区松濤1-26-4)
  JR・東横線・地下鉄「渋谷駅」より徒歩10分/京王井の頭線「神泉駅」より徒歩3分

●料金:一般 / 4,000円 学生 / 3,500円(全自由席 1ドリンク付)
    4回券…一般 / 14,000円 学生 / 12,000円 ⇒お好きな4公演を選べます。
 「T&Kクラシックス メンバーズカード」ポイント対象公演です 

●チケットは 【SHOPPING】 から、ご購入いただけます。
 お問い合わせはタカギクラヴィアまで tel.03-3770-9611

注)こちらのチケットは、すべて「銀行振込扱い」となります。
  三菱東京UFJ銀行渋谷支店(普)0945395 
  T&Kクラシックス タカギクラヴィア(株)
  「当日精算でのお取り扱いはございません」ので、ご注意ください。

【プログラム】
シューマン:3つのロマンス Op.94
シューマン:謝肉祭 Op.6
ショパン:バラード第3番 変イ長調 Op.47
グリーグ:叙情小品集 第3集 Op.43 より「愛の歌」
ラフマニノフ:前奏曲 嬰ト短調 Op.32-12
ガーシュイン(ハイフェッツ編):「ポーギーとベス」より
ラヴェル:ツィガーヌ 他


【プロフィール】
■竹村 浄子(piano)

東京都立芸術高等学校音楽科を経て、東京藝術大学音楽学部器楽科に入学。在学中、第60回日本音楽コンクール(毎日新聞社・NHK主催)ピアノ部門第3位入賞。学内にて「安宅賞」受賞。翌年スイスに滞在し、ニキタ・マガロフに師事。第40回マリア・カナルス国際音楽コンクール ピアノ部門第3位入賞、併せて審査員特別メダル受賞。第13回ショパン国際ピアノ・コンクールにてディプロマ取得。同大学大学院音楽研究科修士課程ピアノ科を首席で修了し「クロイツァー賞」受賞。日本ショパン協会のリサイタルに出演。
1997年、EMIよりCDデビューと同時に本格的な演奏活動を開始。ソロ・リサイタルをはじめ、ソリストとしてオーケストラとの協演、また室内楽、声楽伴奏、二台ピアノなどアンサンブル・ピアニストとしても活動の場を広げ、これまで共演した演奏家は多数、幅広いレパートリーを持つ。
また、「(財)地域創造公共ホール音楽活性化支援事業・登録アーティスト」として、全国各地の学校や施設でアウトリーチ活動を続けているほか、「フコク生命パートナー・アーティスト」として、特別支援学校、ろう学校、盲学校、病院でのコンサートも大切な活動の一つとしている。
CDは、EMIより『竹村浄子プレイズ・シューマン』が2枚、ディスク・クラシカ・ジャパンより『祈り~グルダのアリア』、T&Kエンタテイメント(販売元:日本コロムビア)より『ウィーンの夜会』のほか、声楽伴奏のアルバムが複数リリースされている。「温かく透明な音色で作曲家の心象を描き出すピアニスト」と評され、幅広く活躍している。

 

竹村浄子オフィシャルウェブサイト http://j-musik.com/johko-t

■平澤 仁(violin)

5歳よりヴァイオリンを始め、1981年東京藝術大学音楽学部に入学。1985年同大学院に進む。同年、第54回日本音楽コンクール(毎日新聞社:NHK共催)に入選。1986年より国際ロータリー財団奨学生として、ジュリアード音楽院に留学。1988年、同音楽院の修士課程を修了。帰国と同時に東京フィルハーモニー交響楽団コンサートマスターに就任。以来、二十年余りに渡って定期演奏会、新国立劇場のオペラ、バレエ公演などの重責を果たした。
ソリストとしても、メンデルスゾーン、チャイコフスキー、コルンゴールドなどのヴァイオリン協奏曲を演奏している他、1991年より定期的に東京文化会館にてリサイタルを開催し研鑚を重ねた。そして2014年の渋谷さくらホールでのリサイタル(ピアノ・竹村浄子)は特に好評を博した。
室内楽の分野でもアンサンブル・エスパスのメンバーとしての演奏会の他、各地の音楽祭に出演。マルタ・アルゲリッチ、イヴリー・ギトリス、ポール・メイエら内外の著名アーティストとも共演している。
これまでに、原田幸一郎、田中千香士、広瀬悦子、ドロシー・ディレイ、川崎雅夫の各氏に、また室内楽をヤコブ・ラタイナー、サミュエル・ローズの各氏に師事。
ナミ・レコードより発売されたソロCD「虚空はるかに」(WWCC7380)は、各方面で高い評価を得ている。使用楽器はストラディヴァリウスやグァルネリ・デル=ジェスと並び称されるカルロ・ベルゴンツィ(1736年)。
 現在は、これまでの経験を生かした各オーケストラへの客演に加え、人気テノール歌手・錦織健とのコラボレーションなど多彩なソロ活動を繰り広げている。

 

平澤 仁オフィシャルウェブサイト http://j-musik.com/jinvn


 

7月30日(土) 中川賢一 ピアノリサイタル

《松濤サロン10周年記念コンサートシリーズ》

 

第14回目出演:中川賢一

2005年8月にオープンした松濤サロン10周年を記念して、2015年8月より様々なジャンルのアーティストをお招きしてコンサートを開催しています。
第14回目は、ピアニスト 中川賢一さん。
2016年は武満徹 没後20周年。ドビュッシー、メシアンらフランス音楽の流れを汲む武満氏のピアノ曲全曲を1日で聴くコンサートは滅多にありません。現代音楽奏者としても第一人者の中川氏が、1912年製ヴィンテージのニューヨークスタンウェイとの響きとともに送る「武満徹への径」。


●日時:2016年7月30日(土)
   開場/13:00 開演/13:30

●会場:タカギクラヴィア 松濤サロン(渋谷区松濤1-26-4)
  JR・東横線・地下鉄「渋谷駅」より徒歩10分/京王井の頭線「神泉駅」より徒歩3分

●料金:一般 / 4,000円 学生 / 3,500円(全自由席 1ドリンク付)
    4回券…一般 / 14,000円 学生 / 12,000円 ⇒お好きな4公演を選べます。
 「T&Kクラシックス メンバーズカード」ポイント対象公演です 

●チケットは 【SHOPPING】 から、ご購入いただけます。
 お問い合わせはタカギクラヴィアまで tel.03-3770-9611

注)こちらのチケットは、すべて「銀行振込扱い」となります。
  三菱東京UFJ銀行渋谷支店(普)0945395 
  T&Kクラシックス タカギクラヴィア(株)
  「当日精算でのお取り扱いはございません」ので、ご注意ください。

【プログラム】
■ドビュッシー:「月の光」
 Claude Debussy : Clair de lune
■メシアン:8つの前奏曲より「苦悩の鐘と告別の涙」
 Olivier Messiaen : Préludes "Cloches d'angoissse et larmes d'adeu" 
■メシアン:「幼子イエスに注ぐ20の眼差し」より 他
 Olivier Messiaen : Vingt regards sur l'enfant Jésus

武満 徹 Toru Takemitsu
■ロマンス Romance
■子どものための小品 Piano Pieces for Children
■リタニ -マイケル・ヴァイナーの追憶に-
 Litany , in Memory of Michael Vyner
■遮られない休息-瀧口修造の詩による- Uniterrupted Rest
■ピアノ・ディスタンス Piano Distance
■フォー・アウェイ For Away
■閉じた眼 -瀧口修造の追憶に-
 Les Yeux Clos in Memoriam Shuzo Takiguchi
■雨の樹素描 Rain Tree Sketch
■閉じた眼Ⅱ Les Yeux ClosⅡ
■雨の樹素描Ⅱ -オリヴィエ・メシアンの追憶に-
 Rain Tree Sketch Ⅱin Memoriam Olivier Messiaen

【プロフィール】
●中川賢一(ピアニスト/指揮者)

桐朋学園音楽学部ピアノ専攻卒業、同時に指揮も学ぶ。卒業後渡欧し、ベルギーのアントワープ王立音楽院ピアノ科を首席修了。在学中にフォルテピアノ、チェンバロも習得。1997年オランダのガウデアムス国際現代音楽コンクール第3位。ヨーロッパ国内外、北米、南米、アジアの音楽祭等に出演、日本ではサントリーサマーフェスティバル、東京の夏音楽祭、武生国際音楽祭に度々参加。NHK-FM、NHK-BSなどに多数出演、新作初演も多い。ダンスと音楽など他分野とのコラボレーションを活発に行う他、「Just Composed in Yokohama 2003」、「超難解音楽祭」(仙台)音楽監督・ プロデュースなども行った。ピアノ演奏とトークを交えたアナリーゼ等を展開。クラングフォルム・ウィーン、ムジークファブリーク、アンサンブル・ルシェルシュ、アルテル・エゴなどを指揮、アルディッティ弦楽四重奏団やバーバラ・ハンニガン等と共演。メシアンピアノ曲全曲演奏、ケージ「ソナタと インターリュード」、ジェフスキー「不屈の民変奏曲」、フェラーリピアノ作品集演奏会、武満徹ピアノ曲全曲等数多くを演奏し、各方面から 好評を博す。東京室内歌劇場、東京フィル、仙台フィル、広響他と指揮で共演。現代音楽アンサンブル「アンサンブル・ノマド」メンバー。お茶の水女子大学、 桐朋学園大学音楽学部非常勤講師。
公式ホームページ http://www.nakagawakenichi.jp


 

8月6日(土) 三浦一馬バンドネオンコンサート(ピアノ:長富彩)

《松濤サロン10周年記念コンサートシリーズ》

 

第15回出演:三浦一馬(バンドネオン) 長富 彩(ピアノ)

2005年8月にオープンした松濤サロン10周年を記念して、2015年8月より様々なジャンルのアーティストをお招きしてコンサートを開催しています。
第15回目は、バンドネオンの三浦一馬とピアノの長富 彩。
10代のころから注目を集め、今やバンドネオン奏者として不動の人気を誇る三浦一馬。パートナーに長富 彩を迎え、夏の宵に若い情熱がはじけます!

●日時:2016年8月6日(土)
    開場/16:30 開演/17:00

●会場:タカギクラヴィア 松濤サロン(渋谷区松濤1-26-4)
  JR・東横線・地下鉄「渋谷駅」より徒歩10分/京王井の頭線「神泉駅」より徒歩3分

●料金:一般 / 4,000円 学生 / 3,500円(全自由席 1ドリンク付)
    4回券…一般 / 14,000円 学生 / 12,000円 ⇒お好きな4公演を選べます。
 「T&Kクラシックス メンバーズカード」ポイント対象公演です 

●チケットは 【SHOPPING】 から、ご購入いただけます。
 お問い合わせはタカギクラヴィアまで tel.03-3770-9611


注)こちらのチケットは、すべて「銀行振込扱い」となります。
  三菱東京UFJ銀行渋谷支店(普)0945395 
  T&Kクラシックス タカギクラヴィア(株)
  「当日精算でのお取り扱いはございません」ので、ご注意ください。

【プログラム】
三浦一馬
 ピアソラ:バンドネオン協奏曲より 第1楽章
 バンドネオン・ソロ・メドレー
長富 彩
 ピアソラ:Escolaso(エスコラソ)
 ガーシュウィン・メドレー      


【プロフィール】
バンドネオン:三浦一馬(Kazuma Miura)

1990年生まれ。10歳より小松亮太のもとでバンドネオンを始める。
2006年に別府アルゲリッチ音楽祭にてバンドネオンの世界的権威ネストル・マルコーニと出会い、その後自作CDの売上で渡航費を捻出してアルゼンチンに渡り、現在に至るまで師事。2008年10月、イタリアのカステルフィダルドで開催された第33回国際ピアソラ・コンクールで日本人初、史上最年少で準優勝を果たす。2011年5月には別府アルゲリッチ音楽祭に出演し、マルタ・アルゲリッチやユーリー・バシュメットら世界的名手と共演し、大きな話題と絶賛を呼んだ。2015年3月出光音楽賞(2014年度)を受賞。
バッハからガーシュウィンまでを編曲・演奏するなど、既成の概念にとらわれない意欲的な取り組みや、バンドネオンの可能性を追求する真摯かつ精力的な活動ぶりが2010年9月NHK「トップランナー」に取り上げられ、再放送となる反響を呼ぶ。コンサート活動の傍らテレビやラジオ出演も多数。2007年、井上道義指揮/神奈川フィルハーモニー管弦楽団《マルコーニ:Tangos Concertantes》日本初演をもってオーケストラ・デビュー。
以後、大植英次指揮・大阪フィルハーモニー交響楽団、アロンドラ・デ・ラ・パーラ指 揮・東京フィルハーモニー交響楽団、飯森範親指揮・大阪フィルハーモニー交響楽団、藤岡幸夫指揮・関西フィルハーモニー管弦楽団、高関健指揮・京都市交響 楽団、井上道義指揮・札幌交響楽団、オーケストラ・アンサンブル金沢等と共演を重ねている。CDはいずれもビクターエンタテインメント(株)よりリリース。「タンゴ・スイート」に続き、セカンド・アルバム「ブエノスアイレスの四季」はレコード芸 術誌にて特選盤に選ばれる。2012年には「カーメラタンゴス」をリリース。リリース記念ツアーとして、マルコーニと東京・兵庫・名古屋で競演を果たし、 白熱した演奏で聴衆を沸かせた。最新盤は、2015年4月リリースの「三浦一馬プレイズ・ガーシュウィン」。現在、若手実力派バンドネオン奏者として各方面から注目されている。
使用楽器は、恩師であるネストル・マルコーニより譲り受けた銘器、Alfred Arnold。


ピアノ:長富 彩(Aya Nagatomi)
2002年、東京音楽大学付属高校ピアノ演奏家コースに特待生奨学金を得て入学。2005年よりハンガリー国立リスト音楽院へ留学。バルトークやリストの研究者で世界的に著明なジョルジュ・ナードルに師事。
2008年より米国に拠点を移しての演奏活動を開始。同年、ニュージャージー州・プリンストン大学でのシンポジウムに奨学生として参加し、エドナ・ゴランスキーにターブマン奏法を学ぶ。2009年、NYCスタンウェイホールにてリサイタルを行い満席となった。これまでに日本コロムビア㈱より「イスラメイ~100年の時を経て甦る、ピアノの黄金時代」「リスト巡礼」をリリース。2013年1月に発売した3枚目のアルバム「レゾナンス~ホロヴィッツ・トリビュート」では、タカギクラヴィア㈱の協力のもと、ホロヴィッツが恋したと言われる銘器[スタインウェイCD75]をレコーディングに使用。レコード芸術誌において特選盤に選出された。2014年11月にはYOUTUBEで100万再生を越えた「ラ・カンパネラ」を含むDVD「AYA NAGATOMI IN CONCERT」をテレビマンユニオンレーベルよりリリース。月刊stereo誌にて特選盤に選ばれる。これまでに上海クァルテット、ウェールズ弦楽四重奏団らとのピアノ五重奏での共演のほか、数々のソリストと室内楽で共演。神奈川フィルハーモニー管弦楽団、兵庫県立芸術文化センター管弦楽団とピアノ協奏曲を演奏、好評を博している。2015年UNIQLOの世界版フリーペーパー『Life Wear』 モデルとして起用された。ラジオのパーソナリティも務めるなど、演奏活動と並行してクラシックをより多くの人に届けるための活動も行っている。

8月28日(日) 江口 玲 ピアノリサイタル

《松濤サロン10周年記念コンサートシリーズ》

 

第16回出演:江口 玲

2005年8月にオープンした松濤サロン10周年を記念して、2015年8月より様々なジャンルのアーティストをお招きしてコンサートを開催しています。
第16回目は、サロンオープニングコンサートにも登場した江口 玲!
6月19日の興奮も冷めやらぬまま、久しぶりのフランス音楽・ドビュッシーの3曲と、ショパンのマズルカを、昼夜二公演で。

★昼の部は完売となりました★


●日時:2016年8月28日(日)
    ■昼の部■開場/13:00 開演/13:30 ⇒ 完売です
    ■夜の部■開場/16:30 開演/17:00
  ※昼夜両方をお申込みいただくことはできません。
  ※プログラムは昼夜とも同じです。

●会場:タカギクラヴィア 松濤サロン(渋谷区松濤1-26-4)
  JR・東横線・地下鉄「渋谷駅」より徒歩10分/京王井の頭線「神泉駅」より徒歩3分

●料金:一般 / 4,000円 学生 / 3,500円(全自由席 1ドリンク付)
    4回券…一般 / 14,000円 学生 / 12,000円 ⇒お好きな4公演を選べます。
 「T&Kクラシックス メンバーズカード」ポイント対象公演です 

●チケットは 【SHOPPING】 から、ご購入いただけます。
 お問い合わせはタカギクラヴィアまで tel.03-3770-9611


注)こちらのチケットは、すべて「銀行振込扱い」となります。
  三菱東京UFJ銀行渋谷支店(普)0945395 
  T&Kクラシックス タカギクラヴィア(株)
  「当日精算でのお取り扱いはございません」ので、ご注意ください。

【プログラム】
ドビュッシー:2つのアラベスク/版画/喜びの島
ショパン:マズルカ 
Op. Posthumus B-flat Op.68-2 Op.7-3 Op.7-1 Op.17-4 Op.24-1 Op.24-2  
Op.30-3 Op.33-3 Op.41-2 Op.50-2 Op.59-2 Op.63-2 Op.63-3 Op.68-4  

9月17日(土) 奥村 愛 ヴァイオリンリサイタル

《松濤サロン10周年記念コンサートシリーズ》

 

第17回出演:奥村 愛(ヴァイオリン) 加藤昌則(ピアノ)

2005年8月にオープンした松濤サロン10周年を記念して、2015年8月より様々なジャンルのアーティストをお招きしてコンサートを開催しています。
第17回目は、ヴァイオリニスト奥村愛。
親しみやすいプログラミングと自然体なトークによるリサイタルは各地で大好評。一児の母としての経験を生かし、自らのプロデュースによる親子向け公演も数多く手掛け、各地で大絶賛されています。


●日時:2016年9月17日(土)
    開場/16:30 開演/17:00

●会場:タカギクラヴィア 松濤サロン(渋谷区松濤1-26-4)
  JR・東横線・地下鉄「渋谷駅」より徒歩10分/京王井の頭線「神泉駅」より徒歩3分

●料金:一般 / 4,000円 学生 / 3,500円(全自由席 1ドリンク付)
    4回券 一般 / 14,000円 学生 / 12,000円⇒お好きな4公演を選べます。
 「T&Kクラシックス メンバーズカード」ポイント対象公演です 

●チケットは 【SHOPPING】 から、ご購入いただけます。
 
●お問い合わせ お申込み
  タカギクラヴィア Tel.03-3770-9611
  T&Kクラシックス Tel.03-3463-9308

注)こちらのチケットは、すべて「銀行振込扱い」となります。
  三菱東京UFJ銀行渋谷支店(普)0945395 
  T&Kクラシックス タカギクラヴィア(株)
  「当日精算でのお取り扱いはございません」ので、ご注意ください。


【プログラム】
フォーレ:ヴァイオリンソナタ
ヴィエニャフスキ:「ファウスト」による華麗なる幻想曲
貴志康一:竹取物語   他


【プロフィール】
奥村 愛(ヴァイオリン) 
プロフィール200字
7歳までアムステルダムに在住。桐朋学園大学ソリスト・ディプロマコースで学ぶ。日本音楽コンクール第2位他受賞多数。各地でのリサイタルをはじめ、国内外のオーケストラとも多数共演。親子向けコンサートなども積極的に展開。最新CDは13年発売の「With a Smile~微笑みをそえて」。桐朋学園芸術短大非常勤講師。佐藤製薬のトータルスキンケアブランド「エクセルーラ」のイメージキャラクターを務めている。
http://aiokumura.jp/
公式Facebookページhttps://www.facebook.com/aiokumuraofficial

加藤昌則(ピアノ)
作曲家・ピアニスト。東京藝術大学作曲科首席卒業、同大学大学院修了。
作品はオペラ、管弦楽、声楽等幅広く、作品に新しい息吹を吹き込む創意あふれる編曲にも定評があり、多くのソリストに楽曲提供、共演ピアニストとしても評価が高い。いわゆる「現代音楽」とは異なる視点で書かれた、美しく斬新な抒情性に満ちた作品は、多くの愛好者を持つ。独自の視点、切り口で企画する公演や講座等のプロデュース力にも注目を集める。2016年4月よりNHKFM新番組「鍵盤のつばさ」を担当。
ホームページ http://www.masanori-music.com/

10月22日(土)川久保賜紀ヴァイオリンリサイタル(ピアノ:江口玲)

《松濤サロン10周年記念コンサートシリーズ》

 

第18回出演:川久保賜紀

2005年8月にオープンした松濤サロン10周年を記念して、2015年8月より様々なジャンルのアーティストをお招きしてコンサートを開催しています。
第18回目は、ヴァイオリニスト川久保賜紀。
2002年チャイコフスキー国際コンクール最高位入賞(1位なしの2位)以来、国内外で活躍し、その確かなテクニックと伸びやかに躍動する演奏は世界中のファンを魅了しています。ピアニストに江口玲を迎えての豪華なデュオを、是非サロンならではの贅沢な空間でお楽しみください。


●日時:2016年10月22日(土)
    開場/16:30 開演/17:00

●会場:タカギクラヴィア 松濤サロン(渋谷区松濤1-26-4)
  JR・東横線・地下鉄「渋谷駅」より徒歩10分/京王井の頭線「神泉駅」より徒歩3分

●料金:一般 / 4,000円 学生 / 3,500円(全自由席 1ドリンク付)
    4回券 一般 / 14,000円 学生 / 12,000円⇒お好きな4公演を選べます。
 「T&Kクラシックス メンバーズカード」ポイント対象公演です 

●チケットは 【SHOPPING】 から、ご購入いただけます。
 
●お問い合わせ お申込み
タカギクラヴィア Tel.03-3770-9611
T&Kクラシックス Tel.03-3463-9308

注)こちらのチケットは、すべて「銀行振込扱い」となります。
  三菱東京UFJ銀行渋谷支店(普)0945395 
  T&Kクラシックス タカギクラヴィア(株)
  「当日精算でのお取り扱いはございません」ので、ご注意ください。




【プログラム】
ベートーヴェン:ソナタ 第1番
ベートーヴェン:ロマンス 第2番
クライスラー:シンコペーション
バルトーク:6つのルーマニア舞曲
ヴィターリ:シャコンヌ
サラサーテ:アンダルシアのロマンス
ファリャ:スペイン民謡組曲


【プロフィール】
2002年チャイコフスキー国際コンクール最高位、2001年サラサーテ国際ヴァイオリン・コンクール優勝を機に国際的に活躍。5歳の時にヴァイオリンを始め、幼少時より主要な北米オーケストラと共演し豊富なステージ経験を積む。拠点をドイツに移し、インバル、ルイジ、プレトニョフなどの著名指揮者、国内外の主要オーケストラのソリストに度々招かれる。高度な技術と作品の品位を尊ぶ深い音楽性に、高い評価を得ている。近年はワシントンや淡路島で自ら企画するコンサートを行うなど、コンサート・プロデューサーとしての才能も発揮している。CDはエイベックス・クラシックスよりリリース。使用楽器は、1779年製ジョヴァンニ・バティスタ・グァダニーニ(S&R財団貸与)。ミュンヘン在住。  
川久保賜紀HP http://www.tamakikawakubo.com/


 

11月5日(土) 干野宜大 ホロヴィッツ メモリアルコンサート

干野宜大 ピアノリサイタル

 

第19回出演:干野宜大

1989年11月5日に永眠したホロヴィッツ 没後27年を名器《CD75》と共に偲ぶ
ヴラディミール・ホロヴィッツ メモリアルコンサート

20世紀最後の巨匠ホロヴィッツ。
没後四半世紀を経ても、彼の人気は衰えることなく、常にカリスマ的存在であり続けています。生涯数台のスタインウェイしか弾かなかったホロヴィッツが、最も愛奏した名器《CD75》。1983年6月、初来日のNHKホールにも運ばれ、衝撃のコンサートとなりましたが、今も「ホロヴィッツ・コンディション」を保っている楽器は、この1台だけしか存在しません。
現代のピアノとは全く異なる圧倒的なパワーと色彩豊かな音色を持ち、まさにクラシック黄金時代の頂点を極めた巨匠たちのピアノです。
命日である11月5日、ホロヴィッツが得意とした名曲を、干野宜大の演奏でお楽しみください。

★残席些少につき、お電話にてお問い合わせください。

●日時:2016年11月5日(土)
   開場/16:30 開演/17:00

●会場:タカギクラヴィア 松濤サロン(渋谷区松濤1-26-4)
  JR・東横線・地下鉄「渋谷駅」より徒歩10分/京王井の頭線「神泉駅」より徒歩3分

●料金:一般 / 4,000円 学生 / 3,500円(全自由席 1ドリンク付)
 「T&Kクラシックス メンバーズカード」ポイント対象公演です 

●チケットはお電話でのみ、受け付けております。
  お問い合わせはタカギクラヴィアまで tel.03-3770-9611

注)こちらのチケットは、すべて「銀行振込扱い」となります。
  三菱東京UFJ銀行渋谷支店(普)0945395 
  T&Kクラシックス タカギクラヴィア(株)
  「当日精算でのお取り扱いはございません」ので、ご注意ください。

【プログラム】
モーツァルト : ロンド KV485 D-dur  
ベートーヴェン:ピアノソナタ第14番 Op.27-2「月光」 
ショパン : バラード 第3番 Op.47
ショパン:マズルカ Op.17-4 Op.30-4 Op.68-2  
ショパン : スケルツォ 第2番 Op.31  
ドビュッシー:喜びの島
ムソルグスキー=ホロヴィッツ:展覧会の絵

【プロフィール】
北海道出身。全日本学生音楽コンクール小学生の部北海道大会第1位、並びに東京大会第3位受賞。同時期、ヨーロッパ各地でリサイタル。桐朋女子高等学校音楽科(共学)を経て、同大学、同大学研究科で学ぶ。第20回家永ピアノ・オーディション、HIMES、日墺文化交流協会、全日本ソリストなど国内のコンクール、オーディションでなどで優勝、上位入賞し、活発な演奏活動をおこなう。1994年からハンガリー国立リスト音楽院に留学。
マリア・カナルス、ヴィオッティ、カントゥ、マスタープレイヤーズ、TIM ROMAなど、数々の国際コンクールにて優勝、上位入賞を果たし、ヤング・プラハ、マスタープレイヤーズ、ハンガリー国際5つの竪琴」などのヨーロッパ各地の国際音楽祭に招聘される。ハンガリー交響楽団、ハンガリーMAV交響楽団、ハンガリー・ソルノク市交響楽団、モスクワ管弦楽団、ルーマニア国立管弦楽団、ポーランド・スデテック管弦楽団、プラハ室内管弦楽団、また国内では東京ニューシティ管弦楽団、札幌交響楽団などのオーケストラと共演。これまでに河原裕康、宮澤功行、松岡貞子、田崎悦子、ミヒャイル・ヴォスクレセンスキー、デミトリー・バシキーロフ、ジョルジィ・ナードル、フェレンツ・ラドシュ、エリック・ハイドシェック氏の各氏に師事。
現在、コンサート・イマジン専属アーティストとして日本各地やヨーロッパで活発な演奏活動を行っている。上野学園大学音楽学部(専任講師) 、桐朋学園大学音楽学部にて後進の指導にあたるほか、札幌コンセルヴァトワールにて客員教授を務める。
アウローラ・クラシカルよりCD『LISZT-SCHUBERT』、『熱情・クライスレリアーナ』を、オクタヴィアレコードのトリトーンより『LISZT I ~内なる深淵との対峙~』をリリース。それぞれレコード芸術誌で特選盤に選出されるなど高い評価を得ている。

干野宜大 公式ホームページ http://takahirohoshino.com/

12月25日(日) 秋田慎治ソロ ピアノ ライブ

《松濤サロン10周年記念コンサートシリーズ》

 

第20回出演:秋田慎治

2005年8月にオープンした松濤サロン10周年を記念して、2015年8月より様々なジャンルのアーティストをお招きしてコンサートを開催しています。
2016年を締めくくる第20回目は、ジャズ・ピアニスト秋田慎治による 恒例のソロ・ライヴ「Shinji Akita Colors for the Night」
様々なアーティストとのセッション、ラジオ番組やテレビCMでも活躍する彼が贈る素敵なクリスマスの夜。


●日時:2016年12月25日(日)
    開場/16:30 開演/17:00

●会場:タカギクラヴィア 松濤サロン(渋谷区松濤1-26-4)
  JR・東横線・地下鉄「渋谷駅」より徒歩10分/京王井の頭線「神泉駅」より徒歩3分

●料金:一般 / 4,000円 学生 / 3,500円(全自由席 1ドリンク付)
    4回券 一般 / 14,000円 学生 / 12,000円⇒お好きな4公演を選べます。
 「T&Kクラシックス メンバーズカード」ポイント対象公演です 

●チケットは 【SHOPPING】 から、ご購入いただけます。
 《チケットは当日精算のみといたします》

●お問い合わせ お申込み
タカギクラヴィア Tel.03-3770-9611

-----------------------------------------------------------------------------
秋田慎治(あきたしんじ) -pianist-  
http://www.shinjiakita.com
-----------------------------------------------------------------------------
'97年渡米し、中村照夫、Stanley Turrentine、Hubert Lawsらと共演、’00年帰国。
帰国後はその幅広い音楽性を元にTOKU、阿川泰子、マリーン、今陽子、土岐英史、サリナジョーンズ、矢沢永吉、森山良子などをサポートする傍ら、「東京JAZZ2005」他、多数のジャズ・フェス等に参加。
'06年1stアルバム『moments in life』を日本、韓国でリリース。’07年、初のレギュラーTV番組"Groovin' Jazz Night"(BS朝日)が好評を博す。'10年2ndアルバム『fiction』をリリース、収録曲”prelude to eternal”は洋服の青山TVCMに起用される。'12年には高須クリニックCM曲を作曲、自らもピアニスト役で出演。同曲を収録したソロピアノアルバム『CIRCLE』を '13年に発表。
'16年4月からはレギュラーラジオ番組”GINZA JAZZ supported by 銀座三越”(TOKYO FM)も始まり注目を集める中、'16年7月、4hアルバム『time -10』をリリース、多様な音楽性を一枚にまとめた。



 

Please reload

© 2017  T&K classics